当事務所について

何のために存在するか
- 役割 -

事業会社の経験者として、経営者の目標・悩みに対する様々な課題にこたえるため。

行動規範

役割を果たすために、何にフォーカスするのか

  • 1

    ワンストップで課題解決に取り組む(当事者意識)

  • 2

    社内外問わず、優秀で信頼あるチームで課題に取り組む(結果にこだわる)

  • 3

    口頭のアドバイスやコンサルティングではなく、実務を行う(入り込む)

  • 4

    経営者のみならず、担当者(現場)レベルからのボトムアップを図る(全体最適)

起業の経緯

経営者・CFOとして、至福の喜びを感じ、耐え難い苦難を味わうことができました。
「あと●●円あれば、●●出来るのに。」、天国も地獄も味わえる経営者にとって、安定軌道するまでは、「資金調達が最重要課題」だと感じてきました。

それらは、投資銀行や税理士法人の勤務時代ではとても実感できなかった経験です。
安定的なフリーキャッシュ・フロー(FCF)を生み出すことが経営者の責務です。
しかし、実際に経営してみると、FCFが追い付かず、先行投資や運転資金などの資金調達が必要な場面が多々あります。

資金調達では、金額や内容に応じて、経理の早期化や正確性も必要とされ、社内にも社外にも、より高度に誠実な思考・姿勢で取り組むことが重要となります。

経営者・CFOとして、これまで様々な場面で、どうすれば最適な資金調達を早く行えるのか。と何度も悩み・解決した経験から、経営者の資金調達を支援し、資金の不安を解決するためにYFAFを起業しました。

経営者のあなたを強力にサポートしますので、まずはお気軽にご相談ください。

経営者として何より悩んだのは、
- 課題と実例 -

  • 1

    資金調達と売上

    課題: 資金調達
    A 社: 決算(設立~5か月分)売上21M、営業利益▲42M、経常利益▲42M。
    実績: 3億円(無担保・無保証)、運転資金として新規で銀行融資(四大銀行)。

  • 2

    「1」が解決すると、人の育成。ヒト・モノの質の向上で悩む。

    実績→管理部門では組織設計から部門の新設統廃合を行い、内製化(さらに分業化)と外注を使い分ける。

  • 3

    「2」が解決すると規模拡大とスピードで悩む。

    実績→組織設計で構築しているため、増員と外注を調整することで対応が出来る状態。

  • 4

    「3」が解決すると、自身の目標の変化で悩む。

    実績→信頼できる壁打ち相手(事業会社の経営者)と半年かけてエグジットへの結論を出す。

経営者によっては、違う悩みを抱えられているかもしれませんが、
カネ・ヒト・モノの順番で悩みは尽きない。

経営者CEOとして、CFOとして資金調達やM&A、IPO準備などを経験し、解決してきたことから、経営者の目標達成のための解決方法をシードラウンドから上場企業までのあらゆる場面に応じて提案し、実行し、その後のサポートをします。

YFAFは、経営者の課題の解決のため戦略立案から、経理の早期化、事業計画の作成、管理部門の構築、融資調達、M&A、新規上場までの必要な実務をワンストップで提供します。